結婚式でのネイルはやっぱりシンプル系が素敵!

どうする、結婚式のネイル選び?

結婚式の衣装やメイクが決まった後に考えたいのが「ネイル」をどうするかです。「せっかくだから素敵な手元を演出したい」と思う花嫁さんも多いですよね。しかしここで頑張りすぎて奇抜なネイルを選ぶことはあまりおすすめできません。なぜならば挙式では白のドレスや白無垢を着ることが多く、こういった清楚な衣装にはやはりシンプル系のネイルが映えるからです。また、結婚式の招待客には目上の人も多く花嫁の派手なネイルに不快感を感じる方もいらっしゃいます。ここはひとつ清楚なネイルで可憐な花嫁を演出したいものですね。

シンプルネイルでもバリエーションはたくさん!

一言に「シンプルネイル」といってもバリエーションは様々です。ここではいくつかおすすめのポイントを紹介します。まずネイル自体の色ですが、やはりベージュ系かピンク系がおすすめです。どちらの色も様々な色味があり、自分に合った色だと手元が本当に美しく見えます。ネイリストさんと相談しながら色々なカラーを試してみてくださいね。次にネイルのタイプですが、一色塗りだけではなくフレンチネイルやグラデーションをつけたものも素敵です。繊細な色味の重なりは洗練された花嫁を演出してくれそうですね。ネイルのワンポイントとしては、左手の薬指にだけパールやストーンをあしらうのもおすすめです。結婚指輪や婚約指輪のデザインとリンクしたものにすると統一感も生まれます。結婚式のアルバム用写真では手元のアップを撮ることも多いので、こういった自分だけの工夫がなされたネイルにしておくと後で写真を見たときに嬉しくなりそうですね。

個性的なネイルはお色直しで!

それでも「どうしても個性的なネイルを楽しみたい」という人は、お色直し限定にしてみてはいかがでしょうか。カラードレスや打掛に合ったデザインのネイルチップを用意しておけば装着もスムーズにいきそうですね。派手すぎるネイルや思い入れのあるデザインにした場合には、登場の際のアナウンスでその手元にした由来などをコメントしてもらうことがおすすめです。そうしておくと、ゲストの皆さんに演出の一部として受け取ってもらえそうですね。いずれにしても一生に一度の結婚式、納得のネイルで迎えたいものですね。

爪が汚い私にとってネイリストは憧れの仕事です、爪のメンテナンスは意外と難しく爪が割れそうになるとマニキュアで整えていますが中々上手くいかないので友達にやって貰っています。

ネイルスクールなら東京の詳細はこちら
ネイルスクールの更新情報
© 2017: Beauty Nutrients